花蓮

花蓮観光『五覇焦糖包心粉円氷』美味しいデザート屋さんでかき氷!【花蓮に逢いたい】

こんばんは、おるたな(@aratakid7)です。

Twitterキャンペーンで運良く当選、下調べも浅いままに週末にいきなり台湾。
台湾・台北から電車だったら約2時間。

海と山と優しさの街花蓮。

【Twitter当選!】当選したから週末台湾・弾丸で花蓮へ。休みを取りにくくても週末弾丸日程はこうするといいよ。おすすめスケジュール目安はこちら。こんばんはおるたなです。貧乏社畜のくせに日本が無理すぎて禁断症状が出たらすぐに週末弾丸アジア旅に出かける旅中毒。今回はなんと、Twitterキャンペーンで無料宿泊券が当たったから、早速飛行機予約!花蓮に行かせていただきます!週末弾丸旅行のめやす日程を公開します!...
おるたな
おるたな
今回は花蓮に来たら絶対食べて欲しい、メロンパンかき氷のデザート屋さんをご紹介します♪♪♪

街中や夜市にはもちろんいろんなお店があるんですけど、・・・・

『おおおおおお!!』(@_@)!!って思うやつを探し求めて徘徊。
おしゃれカフェもいいんですが、折角ですから台湾っぽいもの、ここにしかないものを食べたいですよね。

今回は超繊細ファイバーのメロンパンかき氷デザート屋さんをご紹介します♪


花蓮観光『五覇焦糖包心粉円氷』美味しいデザート屋さんでかき氷!

 

『五覇焦糖包心粉円氷』

ハイ、読めませんね・・・。(・ω・)

台湾・台北でも女子旅に来ている皆さんは美味しいデザートが目的だったりしますよね。

ここ・花蓮には、そんな美味しいものが大好きな、女子旅の皆さんに、おすすめのアットホームな街のお店がたくさんあります。
この氷屋さんも、店名を見ていると、ふわっふわの美味しい粉のような氷を出しているのかな?
さっそく夕方に行ってみました♪

社長さんなのか、お店の前で呼び込みをされているのと、大通りから一歩入ったところにあるので、黄色の看板が夜空に映えるので見つけやすいです。

タイミング良く混む前に入店できました。

アットホームな店内の様子

和製ビヨンセ・渡辺直美ちゃんも来てますね~。かわいい。

店内には地元の皆さんで買い物帰り、というご家族連れや、スイーツ大好き男子なのか、地元サラリーマンの男性集団が多かった・・・
女子一人旅っていうのはいませんでしたね。

ってゆうか日本人に会わない。。。もったいない!おいしいのに!!


メニューは英語もあるのし、写真もあるし、漢字でなんとなく把握できるので、これをひとつ、と指さしで注文。店内が超混雑しているのに、おじさんは丁寧に説明してくれて、頑張って日本を話そうとしてくれました。
おるたなも必死で、大親友のGoogle翻訳君を駆使して注文・・・w

メロンパンみたいなかき氷。濃厚~なのにさっぱり。キャラメルとシャキシャキの氷が絶妙!!!

オーダーすると入口のところですぐに若い女の子と男の子が作ってくれます。

ほんの数分できましたね~~!!

たぶん$60の一番代表的なやつを頼んだ・・・はず。
そして「Good photo please!!」ってこのキーホルダーをおじさんがくれました!
最初はフィリピンの北部で食べるときのラザニアとかのお皿に近いから、どんな味なんだろうと思ったけど、凄い。。。。

おるたな
おるたな
本当にメロンパンみたい!!

凄い・・・どうやっているのか美しい均一なメロンパン・・・。

ザクザクというより、シャリシャリ・・・?日本の軽井沢とかで食べる限定氷のかき氷とも違う感じ。

おるたな
おるたな
おおぉいしぃぃぃいい~~~~~!!!

シャリシャリ氷の下には、フルーツ、黒糖、タロイモ、小豆、豆花、仙草、芋圓、粉圓というのかな?
下を掘れば掘ってみるほど、いろいろな具材が出てきます。

何が何だがわからないものが美味しい!!笑

特性のキャラメルソースのようですが、甘すぎないのに濃厚。
そしてさっぱりしているけど、あまにがい?練乳も凄いたっぷり・・・。

その土地に行ったらその土地のおいしいものを食べるのがたのしい!!

大きい氷を食べると、頭が痛くなったりするのですがそんなことも無く、具材は冷たくなかったです。
さわやかで、あまくて苦い。。。きっと手がこんでいるのに、凄くシンプルな作り方。それを、ずっと来る日も来る日も繰り返してくれるお店。

どうぞシンプルでこのまま、変わらないで欲しい。

おるたな
おるたな
あああああ あっという間に完食してしまった・・・

お店へのアクセス・営業時間について


カフェや美味しいものが多いエリアで、時間が許すなら片っ端から食べて、美味しいお店やあたたかいところをバンバン紹介したいですね。

おるたなしゅらんガイド(お酒弱いので酒乱では無い・・・(・ω・))

ホテルでレンタル自転車でもいいのですが、アジアの各国同様、台湾花蓮も結構段差のあるコンクリート道が多いのも現実です。

夜はタクシーを利用したり、バスがおすすめ!!

ちなみにUberはだめでしたが、普通に街中に走っている黄色いタクシーで充分。初乗り100元かな・・・?

でもでも、言葉がちがくても、花蓮の皆さんはあたたかい・・・。

何故かわからんのですが、中国語と英語と少しの日本語で必死で、会話してくれるようなドライバーさん達に恵まれて、それだけでも有り難いのに。。。
ほぼ全員、ほとんど値引きしてくれた・・・(゜_゜;)180⇒100とか・・・

すみません。。。有り難うございます!!ちゃんと紹介します・・・

五覇焦糖包心粉円氷

970花蓮縣花蓮市博愛街165號
fivebar.myweb.hinet.net
+886 3 832 2929
営業時間 10:30~22:30

まとめ

おるたな
おるたな
いかがでしたか?? ♪(・ω・)

普段、台湾が大好きで台北ばかりに行っていた気がします。
ちょっと勇気を出して突き抜けてみると、こんな自分でも行けるということがわかりました。
まだまだ奥深く、いろいろなことが宿題として残っているような場所。台湾・花蓮。

女子旅にも安心の暖かい街♪
近くには、女の子なら、ちょっと入ってみたくなるお店はたくさんありました♪


飲食店、本当に多い。。。。

そしてストラップ可愛い。。。

自分のお店のキャラというか、これ一本で喰っていきます!!

みたいな地元のお店、超大好き!!

このストラップ何個目、みたいになりそう・・・

以上、おるたな(@aratakid7)でした♪

 



ABOUT ME
おるたな
無鉄砲で単細胞、日本無理め・エンゲル係数高め女子。隙あらばアジア弾丸旅。旅とおいしいもので生きてます。直感力だけのブログ『肉を喰らわば指までも。』更新中。香港迷。フィリピンかぶれの東南アジア移住狙い。