わたしについて

自分らしい選択肢について

こんばんはおるたな(@aratakid7です。
ブログを更新していく上で、おるたなとはどんな人間なのかということを、こちらの記事ではまじめに書いておこうと思います。
自己紹介みたいな、それでなにかの選択の目安参考資料感覚で読んで頂けたら嬉しいです。

自分らしい選択肢について

友人A
友人A
その年で何してるの?ちょっと「普通」から外れてない?
友人B
友人B
なんで女なのに働くの?適当な旦那さんがいたら家に居ればいいじゃん。
友人A
友人A
そんなに海外行くなんて景気いいよね~。さすがですね-。
おるたな
おるたな
いいじゃん。。。
30過ぎたら、日本で言う「社会的に安定」と言われる道から外れていると、よく言われております。

もちろんその人たちの視野の中で、一番的確な「正しい」というか、「こうあるべき」と認識される生き方から、わたしが「大きく道からはずれている」からなんですけどね。

彼らは悪いいみでは無くて普通に疑問を投げかけてくるだけで、いじめているとかでは無いのもよくわかっています。(ときどき違う人もいるのも事実・・・)
最近はようやく、自分はわがままで、自分の選択肢を選んできたなと思えるようになりました。

過去のはなし その1

過去の話。

小学校の頃、歯科検診でひっかかる。

生まれつき「内部口蓋裂 」が骨の内部にあり、一見するとわからないが、大変なことになるとのこと。近所の歯科医での精密検査を10カ所位断られた。

ようやく診察OKだった少し大きめの歯科医院でこう言われる。

歯医者さん
歯医者さん
このままいくと胃や内臓に負担がかかり、20歳頃で確実に死にます。

目の前で言われ、治療椅子で呆然とした自分の視界の先をいまだに覚えている。

近所で可愛がってくれてた市議会議員のおじちゃんが急に亡くなった頃でもあった。

たぶん初めて死というものを意識した気がする。

その頃の私は画家の端くれのような祖母の日本画や本を見ては、ひたすら脳みそに浮かんだ絵を描き、絵の中だけなら自分らしく表現できるし、良い子にしていればと・・・思い続けていた。

クイーンの曲を聴き、フレディの歌詞に同意し、「本当に”そんなに悪いことをしていないのにどうしてなんだろう”」と思ったことも事実。

当時も泣き叫ぶこともなく、心配する母親にも医者にも対して動揺を見せなかったし、良い子だったと思う。

しかし・・・!!

さすが主人公。

奇跡的に凄い矯正歯科医であり、バックに某大学病院での口腔外科医をも紹介され、それを意のままに操るけど、教授の地位に興味ないもんねオレ!!!みたいな豪快なサンタクロース髭名医に出会う。

髭の名医
髭の名医
おおおおおおーーーー!!!す・・・・すごい!!すごい!!これは日本では初めてかもしれない!!是非後生に役立てたいからここで治療して一緒に治そう、ね!ね!これはすごいぞー!おおおおいいい!!

初診で歯形とレントゲンでこれだ。

院内で興奮して絶叫する髭もじゃのアニマル浜口ばりの先生に、自分の骨でも誰かの研究になるなら、早く死んでもまぁいいかな、と笑ったのも覚えている。

噛む圧力、ジャンプして着地する圧力や重力の分散が難しいらしく、成長期の運動部はドクターストップ。趣味の金管楽器、ラッパ系も辞めた。

男の子たちと野球やキックベースが好きだったので、何故に歯でここまでと思ったし、初恋の男の子と『中学に行ったら一緒にバレー部に入ろうね』と言ったけど、無言で約束を破ることを選んだ。
まさか病気で死にそうとも言えないから、冷たい自分を選ぶ。
自分らしい選択をした気がした。

高校も美術メインで考えていたが、親の気持ちもあるし、美術より選択コースで美術がある程度の学校で、数年後に生きてるかわからない自分には充分に思ったし、推薦がとれた歯医者に通いやすい高校にいった。
そして驚くべき事に治療費はほぼ全額と言って良いほど国からおりた。

矯正はさすがに痛かったが、治療に沿った患者だったこともし、骨も人間と同様素直(単純)だった(←先生曰く)&髭名医の私の成長期に合わせた戦略はさすがだったようで、効果が出た。

髭名医
髭名医
内臓への負担が減らせない最悪の場合は、顔を切って顎をさいて、人工骨をいれるという大手術を覚悟するように。

髭サンタ熊先生に一度真顔で言われたが、数値から見てもかなりの合格点。

手術を避けることができ、ここまで変わったのは初めてだとポツリと髭先生に言われた。

大学生になった頃、ブリッチは外れ、今でもうまく発音できなかったりすることもあるし、多少普通の人より見栄えが悪い顔かもしれないけど、20歳すぎても30歳過ぎてもとりあえず生きてるので良し、生きてるだけで丸儲け状態を理解する。

過去のはなし その2

楽しかった青春時代が過ぎ、新卒でブラック企業、営業で約2年。
8桁に届きそうだった給料明細を見た私が得たものは、胃潰瘍と十二指腸潰瘍、意味の無いマンションと精神的なプレッシャ-、大事な人々との別れでした。
その後休養。
大手Sに再就職し約10年。
バリバリ幹部生としてまじめに働きつづけたものの、正直最後は鬱に近かったと思う。
女性の多い職場でのひがみ、ねたみ、やっかみ、裏切り、数少ない男子社員の争奪戦とか。
正直よく約10年近く、あんなとこいたなぁと今では思う。
もちろん働くことが好きで、仕事もマーケティング、戦略、売上・・・仕事にはまるとのめり込み、気がつくと知らぬ間に成果を出す。→妬まれる。の繰り返し。
一番悔しかったのは、日本一のサウンドデザイナーと組み、日本では成功していないプロジェクトを一年かけて育てて、それも相棒もつぶされたこと。
そう、日本を嫌いになることは無いけどこういう環境は無理かな。
『出る杭は打たれる。』
私では無く、プロジェクトは相棒が精神的につぶされたことにより、チームは解散。
年寄りが若い男の子の精神を蝕む姿は本当にくだらないと思ったし、企画も盗まれ、すり替えられ、頭に湯気が出そうになって自分が相棒を助けれなかったこと、横の動きの甘さも無力も痛感した。
このまま死ぬのは嫌だと思った。
(写真↑↑退職した後の砂漠は最高だった!!)
とりあえずここから出て、英語をなんとかしとこうと南国へ向かうために、精神崩壊する前に退職。
退職を大事だと思った人に、想いを伝えると、
おるたな
おるたな
世界一周とか・・・そこまで出来なくても英語くらいは少し出来るようになりたい。
友人A
友人A
英語がなんになるの?
同期B
同期B
ついに俺と結婚したくなったか~。フィリピン?いいよいっておいでよ、俺も宝くじでも当たったらフィリピン行きたいよ。
嬉しそうに言われて、かなりゾッとした。
いままで普通に迷惑をかけず生きれればいいかな位に思っていたので、日本に昔からある集団の島国文化というか・・・みんなで一緒にこういう風になるのが普通、と言われる生き方に、私はどうも合わないらしい。
頭悪いから気づくの遅い・・・
そして決意したのが、「こころを壊さない(すりへらない)生き方をしよう。」でした。
出る杭は打たれるなら、もう出切っちゃえばいいと思った。
身体を壊したことがあるから、大事なものや、やりたいことが見えてきたかも。
この頃を機会に、海外行ったり来たりする性質になり、今は全然給料も低い普通の社畜ですが、
10年前の自分より今の自分が超好きだしやっと自然な自分である気がする。
よく、フィリピンとかの空港から半日くらいかかる田舎のアジアに行くとみんな笑顔がキラキラしてるんですが、そんな笑顔を日本では、ほんとにたまにしか見ない。
そして自分もその笑顔をしてなかった。
アジア途上国に惹かれるのは若者が多く、自分の意思をもっていること、屈託の無い笑顔が街中にあるというところ。

過去のはなし その3

片道一時間半以上の社畜生活約10年が終わった後も、いろいろなことが起った。

アナフィラキシーショックの発作で初めて救命救急のお世話になった。

アナフィラキシーショックとは。

症状・症候には個人差があり、同一患者でも発症毎に異なる場合がある。アナフィラキシーの症状は、IgEと他のアナフィラトキシンの反応が関与する。これらの物質は肥満細胞からヒスタミンや他の媒介物質(メディエーター)を遊離(脱顆粒)させ、さらにヒスタミンは細動脈の血管拡張や肺の細気管支の収縮、気管支痙攣(気管の収縮)を引き起こす。

ヒスタミンや他のメディエーターは身体の別器官の組織で遊離されるが、これらが(血流等を介して他の部位に運ばれ)気管収縮とこれに伴う喘鳴や呼吸困難、そして胃腸症状(腹痛、さしこみ、嘔吐、下痢など)を引き起こす。ヒスタミンは血管拡張(これに伴う血圧低下)と血流から組織への体液漏出(これに伴う血流量低下)を引き起こし、これらが影響してショック症状を呈する。体液が肺胞に漏出することもあり、これが肺水腫を引き起こす。

アナフィラキシーで見られる症状には多尿、呼吸困難(呼吸促迫)、低血圧、脳炎、失神、意識不明、蕁麻疹、紅潮、流涙(血管性浮腫やストレスによる)、嘔吐、掻痒、下痢、腹痛、不安、血管性の浮腫(口唇、顔面、首、咽喉の腫脹などがある。悪寒や戦慄などはアナフィラキシーショックの前駆症状である場合がある。

致死的反応となる呼吸停止・心停止までの中央値は、薬物 – 5分、ハチ – 15分、食物 – 30分 との報告がある。

会社を辞めた頃に風邪をひき、薬を飲んでも息苦しく、声がガラガラ。
しかしながら旅行先で、少し風邪気味だからといつもの医者の処方薬を飲んだところ、急に眠くなり友人とホテル眠りにつく。
目が覚めたときには別人で薬品アレルギーの場合は致死5分とされる平均値があるのに、2時間、生きているのが不思議。
主人公は死なず。笑
奇跡的にも近くに新設された白十字の最新設備の大病院があった。
恐ろしい症状だったが、友人と新幹線で東京に帰らないと一人で帰れる自信が無く、医者に頼み通して半日で退院。
救命医
救命医
かならず近所で大きな病院にいってアナフィラキシーショックを起こしたので、負荷試験を安全なところで受けたいといってすぐに入院してください。かならずですよ。あなたは風邪薬が一番恐いのですから。
地元に帰り、東京・神奈川のアレルギー科を片っ端から受診するも、またしても断られる。
「うちは花粉症専門だから」
「負荷試験ってなんですか。ここは皮膚科・アレルギー科なんですけど(←受付嬢)」
「死なれたら困るから帰ってもらえますか(←今でも良くある。)」
・・・
・・・しかし。
またもや名医とされるアナフィラキシー界のすごい先生に巡り会う。
(実際に友人に送ったイラスト↑)
負荷試験(どの原因で反応が出るか、自分で入院し24時間監視下のなかで少量から実験をして特定する。)をして、すぐに先生の思ったとおりで軽度の発作をおこし、早く薬を特定できた。
おるたなは、ある抗生剤でしたが、他の抗生物質でも大丈夫か果てしなく負荷試験は続く。

薬を飲まなければ普通の元気な人なので、重篤患者には思えないけど一番重篤の人が入院する部屋。

 

都心から離れた広大な大地のある国立病院で、ひたすら「自由」ってなんなんだろうなって考えながら音楽を聴き、本を読んでいた入院期間だった。

時々現れる救世主みたいな医者はだいたいおもしろい先生が多い。先生だいたいボタン止まってない。
いまだに自由はよくわかんないや。

ゆるっと転機、「ゆる転」のすすめ

「ゆる転」とは、私が勝手に心の中で考えている言葉で、転職とか大きいことでは無くて、いつもと少しちがう自分に転換していく、小さいものから大きいものまでを表す転機のこと。
人生の中で、転機や、咄嗟に起るピンチみたいな物事はたくさんあるので、挑戦しつつ、すり減らない生き方になるように、自分で選択肢を選んでいくこと。
『ゆるっと転機。』
なんでもいいから、小さいことから、今までと少し変えていく。
もうあんまりマネジメントはしたくないので、今では非正規で気軽に時間で区切って旅に出れることに喜びを感じています。
今の職場では何故か20年レベルのお姉様方の中で一番新入りのくせに管理者の立場で入ってしまい、「こっちが副業でしょ」とまで言われてます。
ただ、毎日続けるのがベストですが、最初から飛ばすと悲しくなるから、毎週これくらいかな?みたいな目標を持つのがいい。
そうしながら転職するとか、海外旅行いって、少しチャージするとか、美味しいものを食べるとか。
ゆる転しつつ、自分らしい方向に、自分で舵をとっていくのが大事。

副業・複数はたらくすすめ

七星潭 Qixingtan Beach
一か月にあと数万あったらどうだろう。
いきなりではなく、少しずつできる、すり減らない個人的な変化、ゆるっと転機、「ゆる転」。
つまり副業・複業してみて、会社では無くて自分で稼ぐことを楽しみつつ、こころの余裕を増やす。

最初はネットオークションとかメルカリとか。
めんどくなってきたので、不要品はすぐに片付けるようにして、一度に売ってます。

あぁミニマリスト憧れ。。。

とりあえず初心者さんにもおすすめのランサーズとメルカリはこちら。

Lancers(ランサーズ)-フリーランスと仕事のマッチング
Lancers(ランサーズ)-フリーランスと仕事のマッチング
無料
posted withアプリーチ
メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ
メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ
無料
posted withアプリーチ

旅に出る

これは私がそうしたからなのですが『辛いと、誰しも視野が狭くなる。』
なので、無理矢理に視野を広げる。
もちろん旅行に行って気分転換というのも大事ですが、外国人のかたの思ってもないような行動や発言に、いろいろな考えの人が居るのだと自分に理解させることができます。
あと、”海外旅行に使える情報をお届けする旅サイト”『わーとら!』さんにも寄稿させてもらっております。
一般的な会社員に向いていなかったというのは、↑↑↑この寄稿記事が一番わかりやすいかもです。

日々の息抜き・趣味に打ち込む。

これも会社を辞めなくてもいけるやりかたですね。

おるたなは転勤族だったので、最初は美味しいお店を見つけるのがうまいと上司から言われたので、趣味ブロガー的に食べログをはじめてみたんです。

そして、少しずつ帰宅後に更新している食べログが楽しかったのですが、だんだん転勤するとそのエリアの美味しいお店を片っ端から食べたくなってきたのでした。

ほぼ都内が多いですが、渋谷、恵比寿、新宿、あとは横浜野毛・・・

いくつかのエリアで更新数とか、なんでもいいので、一位をとってはひとりで満足するというw

おるたな
おるたな
暗い・・・!www

今考えると幼少期でひたすら絵を描いていたのと全然変わってませんね。
ひたすら個人的にほそぼそと楽しんでおりましたが・・・

するとどうでしょう・・・

どんどん食の巨匠様達、その奥様方・・・色々な人のオフ会?に勇気を出して参加する新しい自分。

また美味しいものを食べていくという高エンゲル係数の毎日。

楽しむだけならよかったのですが、それがどんどん、紙媒体、観光雑誌、ネットニュース、果てはお笑い芸人が街中を散策する番組などで、使われたり、まるっとパクられていくのでした。

フォローしてくれるレビュアーさんたちに、

フォロワーさん
フォロワーさん
いま、本屋で●●というグルメ観光雑誌読んでいるんだけど、記事がパクられてない??
フォロワーさん
フォロワーさん
旅番組の○○に情報提供したの?
フォロワーさん
フォロワーさん
いま、TVつけてみて・・・おるたなちゃんの記事のまんまに放送されているよ・・・ !!

後日、メッセージでは「番組のパクりを書くな」という方も居たりして、記事の書いた日程と、番組の放送日を見れば一目瞭然、私が書いたものが一年近く前のものもありました。

悲しかったのは私はこっそりおすすめしていた小さいお店にお客様が押し寄せてしまい、お店のおじさんとか、店主さんの知り合い(何故か仲良くなる)から、

「混みすぎて働きたくない。」

「腱鞘炎になってもう厨房立てない。」

「売れたから二代目に譲るよ!これからもよろしく!」→そして私のレビューとは全く違うけど同じ店名のお店のできあがり。

もちろん味、超微妙。。。(今でもここは微妙のままお孫さん?が営業中・・・数年ぶりに行って食べログ評価下げたけど・・・。⇒閉店してた2019.02)

だんだん、更新は減って放置。

しかしながら、数年たっても、美味しいものを食べ求めていく性質は悪化(向上?)しており、世界というより周りの友人や、電車の中の人達に目をむけると、日本の暗い空気につぶされそうになりながら頑張っている時のような過去の自分をたくさんみるのでした。

おいしいものあるよ!・・・食べて元気をだして!

食べログ更新は500程度、下書きは1000越え。

普通に数年間食べログをまじめにやると、更新遅くてもこうなるのですが、たぶん記事を書こうと思って100店舗食べ歩くと、普通に自分の舌の感覚が変わってくると思います。

ブログ初心者もまずは100記事ってこういうところなのかなぁ~。

食べログはわたしの過去の情熱でしたが、今でも時々両方更新しており、食べロガーの皆様との情報共有も楽しんでおります。

だから今後はブログを自分で最初から作って、いつか誰かに見てもらって、こういう人もいるんだくらいの目安になれたらと思っております。

まとめ

いかがでしたか?

ここではおるたなの紹介からの、もっと日常を気楽に楽しんでもいいんじゃないの的なお話を書かせて頂きました。

賛否両論、いろんな意見があると思います。

会社員でいることに疲れたら、もう「疲れた」ってやっていいんじゃないですかね・・・。日本のみなさんは働き過ぎです。

苦しかったり、悲しかったら、自分で舵を切っていく。

私の趣味・息抜き・食べ過ぎ備忘録ブログを、皆さんの息抜きにつかってください。

おるたなでした。

ABOUT ME
おるたな
無鉄砲で単細胞、日本無理め・エンゲル係数高め女子。隙あらばアジア弾丸旅のノマド民。旅とおいしいもので生きてます。機械音痴でもできる副業・複業で、直感力だけのブログ『肉を喰らわば指までも。』更新中。香港迷。東南アジア移住狙い。