日本グルメ

最高のくず餅はこれだ 川崎大師『住吉の久寿餅』くず餅狂エンゲル係数高め人間のくず餅大好き実食レビュー

くずもち大好き!おるたな(@aratakid7)です。

今日はツイッターのひょんな事から、発覚した自分の葛餅に対する執着を書き連ねてみようと思います。


気がついたら結構な量と種類を食べ比べている人種なのでは・・・と気がつきました。

子どもの頃から、食いしん坊。

近所の皆さんは幼いけど巨大な食い意地を持つおるたなちゃんが喜ぶものを知っているため、旅行先のお土産はほとんど我が家宛てへではなく、私へのお菓子が多かった。

近所の議員さん達もよく私に食べさせて、私が美味しー!!というのを嬉しそうに見ていた。

・・・振り返ってみよう。

皆さんは葛餅をどのくらい食していますか…

数十年、葛餅を最低でも週一で食べているとして計算すると、まず一年で51回。

病欠で2~3回休んでも、まあ一年50回は食べているとして、たぶん5歳くらいから葛餅フィーバーは始まり、多少の量と種類の周期の乱れ、海外滞在時期を除いてもまあプラマイでも30~40回。

フィバった周期(死語)と低迷期をざっと計算しても10年で300~400回は喰っている。

おるたな
おるたな
・・・狂ってる数字だ。

今度からくず餅を食べたら、ブログに記録していこうか。いや、おいしいお菓子でもいい。

しかし、最初から個人的不動の第一位、川崎大師 山門前『独古 久寿餅』を紹介してしまって、ただでさえマニアックなブログなのに読者の皆さんは飽きないかしら・・・

いやいや、ガッツリおいしいものからご紹介するのが一番。

おるたな
おるたな
ではご紹介しまーす♪

最高のくず餅はこれだ!!
川崎大師『住吉の久寿餅』くず餅狂エンゲル係数高め人間のくず餅大好き実食レビュー

 

川崎大師住吉久寿餅

丑三つ時に台所に来て撮影。

不審者なので完全に綺麗に写真をとれなくてすみません。

本当は手提げ袋もあれば良かった。

※ここでは住吉さんを表記するときは「久寿餅」、ほかの場合は葛餅、くずもち、くず餅という感じで書き方に揺れがありますがご了承ください。

創業は大正6年。
住吉と言えば、名物の久寿餅。幸せを運ぶおなじみの黄色い手提げ袋と、黄色と焦げ茶色の配色が特徴の包みに包装。
久寿餅は添加物を一切使用しておりません。
添加物を入れれば日持ちはしますが、ポリシーに反すると考え無添加で販売。
神奈川県推薦銘菓、当店ならではのデリケートな味わいをお楽しみください。

付属のしおりによると、「久寿餅」は川崎大師の名物で、由来は天保(1830~1844年)、当時久兵衛という人が居て、風雨が強い夜に納屋においた小麦粉が雨に濡れて仕方なくそれをこねて樽に放置。

翌年、樽底に発酵したでんぷんを発見して、それを蒸してみたところ変わった餅が出来た、とのこと。

長年鍛えた「職人のカンと腕」が伝統を守っているとしっかり書いてあります。

おるたな
おるたな
ただもんじゃないぞ感が漂う・・・・

最高の久寿餅・住吉の久寿餅の付属品はこんな感じ

川崎大師住吉久寿餅

この黄色のパンフレットは時代ともにマイナーチェンジされており、それこそ保管しておくべきだったと後悔しているくらいわかりやすく商品紹介されております。

箱のマークにも使われている独古が表す意味も納得。

そしてだいたい2枚入りを購入するのですが、カワイイ狛犬ちゃんのマークがある特性のきなこが大量に2袋もついてきます。

はっきり言ってあまるくらいの贅沢な量です。ケチケチしてない。

さらにこのボトルに入った超濃厚なのに口当たりさっぱりの特製黒蜜・・・。

数本の黒蜜ボトルを所持しておりますが、これに勝つ者が無い。

本音を言うと、冷蔵庫にある負け黒蜜ボトルを撮影できなくて残念。

どうやって消費しようか。

これが住吉・久寿餅の嬉しいところ!切れてます!

川崎大師住吉久寿餅

小さい頃は、慣れない包丁で頑張って切ってましたが…

おるたな
おるたな
切れてます( ^ω^)・・・!!

小さい頃は慣れない包丁で必死に家族の分を切り分けていましたが、いつからか住吉の久寿餅は切れておりました…。

上質なくずもちはベタベタしているので、切るのが大変ですが、切れてます。
これは安心して食べる分だけとれます。

蓋の裏側には独鈷の説明とくずもちの切れ方の説明まであります。
痒いところまでしっかり手が届いている…!

川崎大師住吉久寿餅

おいしい食べごろは蜜をかけて3分以内!!

 

川崎大師住吉久寿餅
おるたな
おるたな
蜜をかけて3分以上すると、くず餅の水分が出てまずくなりますってはっきり蓋の裏に書いてあるーーー!!!

特製きなこを、ばっさーーーーっとかけて、特製黒蜜をおいしげもなく、ドボドボドバーッとかけて一気に、ぐわっと大きな口を開けてほおばってください。

おるたな
おるたな
おーーいすぃーーーい!!

↑ごちバトルのナイナイ岡村さん風で読んでください。

お店で食べたい方はこちら

川崎 住吉
〒210-0816 神奈川県川崎市川崎区大師町4−47
044-288-4437

京急大師線 川崎大師駅から徒歩5分の、川崎大師の参道沿いに店を構えます。
川崎大師(平間寺)に向かって右手、黄色い看板が目印。

以前は駅でも販売していたようですが、現在はない。
外国からくる友人を川崎大師に連れて行くときには、必ず友人の胃袋の中身を計算し、久寿餅をたらふく食べてもらえるようにしているくらいの狂くず餅派人間です。

餅陣住吉 姉妹店もおすすめ。

〒210-0816 神奈川県川崎市川崎区大師町4−45
044-277-4439

餅陣住吉という姉妹店もあるよ。

お子さん連れはこっちがおすすめ。

まとめ

いかがでしたか??

関東住まいでは無い皆さんも是非、本物はおいしいです。

この駄文のブログを遠くで読んでくれている人たちにマジでFAXみたいに送れたらいいのに…

色白もち肌の原因はなんですか?とフィリピン人に聞かれたときはだいたい、住吉の葛餅が秘訣かもしれないので今度からそう答えることにしようと思う。

くず餅はでんぷんだからな!!( ;∀;)(涙)。

食欲は自己管理。おるたなでした。

グルメの街・横浜野毛 食べロガーがガチでおすすめする名店まとめ厳選BEST16サラリーマングルメの町、横浜桜木町・関内駅からあるいてすぐの野毛。ここにはおいしいものがつまっている街!!野毛で最強のグルメ店をはしごして楽ししみましょう...
【実食レビュー】「ほぼウニ」はどんだけ本気なのか?クオリティを検証してみた。コンビニに大量陳列されている日清新作「ほぼウニ」ってどれだけ本物に近いのか、「あのウニが入っているのかよ!?」と言うことで食べてみました。...
ABOUT ME
おるたな
無鉄砲で単細胞、日本無理め・エンゲル係数高め女子。隙あらばアジア弾丸旅。旅とおいしいもので生きてます。直感力だけのブログ『肉を喰らわば指までも。』更新中。香港迷。フィリピンかぶれの東南アジア移住狙い。